ピノキオの公開されたときの時代背景とは?

ディズニー映画

こんにちは!ゆおです!

今日は映画「ピノキオ」のバックグラウンドについてのまめクイズです。

問題

Q1. 映画「ピノキオ」が公開されたのは何年?

Q2. 「ピノキオ」を作り上げる時に、奥行きを表現するために使われたカメラの名前は?

Q3. ピノキオの映像技術の凄さは後の作品にも影響を与えます。その作品とは?


(注意)ここから下にはヒントと答えがあります。

(画像はすぐに答えが見えないようおいてます。問題のヒントではありませんよ)

 

 

 

時代が乱れている中でのエンターテインメントへの情熱

びっくりしたのですが、「ピノキオ」が公開されたときは、『1940年』。

第二次世界大戦の最中でした。

そんな状況でも、ウォルト氏は作品への力は抜かなかったようです。

前の作品で作り上げた『マルチプレーンカメラ』をめちゃめちゃ使います。

映像に風景の遠近感を出すために作り出されたものです。

作品に奥行きや重厚感を出すために数秒のシーンにもう、、、使いまくります(笑)

そのかず12台とか。

もう、どんなふうに配置していたのかも想像がつきません((*ノ∀`*))

 

海中のシーンも練に練られていてクオリティがすごいです。

「水しぶきすげー!!!!」

「波迫力きたーーー!!!!」

てな感じです。(私の感情です(笑))

今見ても、CGなしでこんなのどうやって表現するの????

、と「?」が私の頭の中でいっぱいです(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

その凄さは、半世紀後に公開される『リトルマーメイド』のスタッフも参考にしたほどだそうです。

同じ海の表現がたくさんですからね。

それに、ナイン・オールドメンが現役のときですから。

参考にできるところがめちゃ×2多かったんでしょう( `・∀・´)ノ

 

 

答え

A1. 1940年

A2. マルチプレーンカメラ

A3. リトルマーメイド


いつも閲覧ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました